実験をしてみました。「弓で弦を擦る位置を変えたら音質はどの程度変化するのか?」という実験です。

Dメジャースケールで3パターン録音しており、最初は指板寄り、次は真ん中、最後に駒寄りの位置でボーイングをしています。

音程ですか?そこはツッコミなしで…💦

それで、わかったことなんですが、今までけっこう駒寄りで弾いていたのかなと感じます。駒寄りの音は金属的な成分を多く含み、ザラツキを感じましたが、従前の私の音はそれに近いと思われます。

まあ、あまりにも指板寄りで弾くと今度はただ柔らかいだけの音になり、解像度が下がるので、そうならないように注意しつつ。

とりあえず、弾く位置の調整が済んだら、次は弓毛の弦に当てる角度について研究してみたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村