ブルーのボトルで有名なジン、ボンベイ・サファイア。酒屋のジンコーナーでひときわ目を引くその色を見て、以前から一度買ってみたいと思っていました。ただ、お値段が普段飲んでいるビーフィーターと比べてけっこう高いのでなかなか手を出せていませんでした。が、先日ついに奮発して買って、ジントニックで飲んでみました。

ボンベイ・サファイアでジントニックを作るにあたって、使ったトニックウォーターはシュウェップスです。実はシュウェップスを飲むのも初めてだったのです。普段は近所のスーパーで手に入るカナダ・ドライのトニックウォーターを飲んでいるのですが、やまやで見つけたので買ってみました

ジントニックのレシピは至って簡単。ジンにレモンorライム汁を絞って、トニックウォーターで割るだけです。

まぁ、私の家ではジンをトニックウォーターで割るだけにしています。レモンやライムを常備しても使いきれないので…。

で、さっそく作ってみました。まず、最初にボンベイ・サファイアの香りを嗅いでみました。ジンは通常、ジュニパーベリーを含む4〜5種類のボタニカル、つまり香辛料を使いますが、ボンベイ・サファイアは10種類ものボタニカルで香り付けされています。そのこともあってか、ビーフィーターであるようなアルコール特有の匂いは抑えられており、非常に心地よいアロマでした。

次にグラスに注いで、トニックウォーターで割り、一口飲んでみました。ビーフィーターで作るジントニックはいかにもジンという味とトニックウォーターの味が別々にするのですが、ボンベイ・サファイアの場合は違いました。ボタニカルの成分とトニックウォーターの味が混ざり合って、一体となった味わいでした。

この、味に複雑さがあるという点で、好みは分かれると思います。はっきりとした味わいがお好みならビーフィーターの方が良いかもしれません。

https://amzn.to/3bVFOZn

逆にジン特有の味が苦手な方にはボンベイ・サファイアは比較的飲みやすいかもしれません。また、アルコールの味が薄く感じるので、その点でもよい印象です。

https://amzn.to/2XeWib3

ジンの銘柄は他にもタンカレーやウィルキンソンなどもあります。とりあえずボンベイ・サファイアを飲み切ったら別の銘柄も飲んでみたいなと思っています。お楽しみに。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村