2018年5月末に米国株に参入してから19か月が過ぎました。2019年12月は11月に引き続き米国株の調子が良く、含み益を大幅に増やす結果となりました。さて、損益を詳しく見ていきましょう。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ +576.26ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +348.31ドル
  • コカ・コーラ +659.65ドル
  • 3M -360.72ドル
  • アルトリア・グループ -396.90ドル
  • ファイザー -69.87ドル
  • プロクター&ギャンブル +917.28ドル
  • フィリップ・モリス +501.24ドル
  • ユニリーバ +132.72ドル
  • VOO +2339.00ドル
  • エクソンモービル -481.95ドル

株式の損益は差し引きで+2165.02ドルとなりました。株式の評価額は45,921.04ドルです。

また、現金の残高は24.33ドル、株式と合わせると45,945.37ドルとなり、円建てだと1ドル108円86銭として、5,001,613円(前月: 4,740,412 円)でした。この1か月に入金した額は150,000円。投資額は累計465万円で、現時点で+351,613円、7.56%の含み益です。先月の含み益を大幅に伸ばしたことになります。

残高を円グラフにしてみましょう。

2019年7月にVOOを加えて以来、ポートフォリオの顔ぶれは変わっていません。2019年12月は15万円を投入して評価額が低位だったフィリップモリス、P&G、3M、ファイザー、ユニリーバの5銘柄を買付けするなどポートフォリオの維持を図ってきました。

なお、12月にはファイザー、ユニリーバ、エクソンモービル、ジョンソンエンドジョンソン、コカ・コーラから配当金が税引き後で145.78ドル入金されました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村