音楽関係の仕事に転職してから「なぜバイオリンという楽器をやろうと思ったのか?」という質問をよく受けるようになりました。もともとフォークギター、クラシックギターの経験がある中で、なぜあえてバイオリンを選んだのかということです。それにはもちろん訳があります。

ギターとバイオリンの違い

ギターという楽器は主に低音域~中音域を得意とする楽器で、バイオリンの1オクターブ下ぐらいの音域をカバーする楽器です。そして、私はこの音域自体に不満は持っていませんでした。ただ、高音域を出すにはハイフレットを使う必要があり、また音も持続しません。

一方でバイオリンはそもそも高音域の担当で、弓が続く限り安定して長時間音を得られます。このことによってよりエモーショナルな表現が可能になるのです。

ではギターでは感情を揺さぶる演奏はできないのかというと、そうでもないのですが、自分としては持続する高音へのあこがれがバイオリンへの道筋にあったのだったのでした。

加えて出すことのできる音量もギターとバイオリンでは異なり、意外に思うかもしれませんが、ギターよりもバイオリンの方が音量を出すことができます。

そして、ある意味重要なのが、バイオリンはケースが小さいので持ち運びがケースの大きいギターよりもはるかに楽ということも大きいですね。

バイオリンの魔力

バイオリンの魔力と大げさに書いていますが、バイオリンという楽器には恐らく魔力のようなものがあります。

小さいボディーから大きな音量を出すことができる上に、弓さばきによる自由な表現、列挙したらたくさんのいいところが目に入ります。

この表現の幅の大きさはバイオリンの持つ魔力と言えるでしょう。私はそれに取り憑かれているようです。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村