5月末に米国株に参入してから5か月が過ぎました。日本市場は11月末に怒涛の6営業日連続上昇を見せましたが、アメリカ株は原油安の影響を受けて終始神経質な動きといったところ。そんな11月の結果はどうだったでしょうか。

  • ハーシー +81.73ドル
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン +288.55ドル
  • コカ・コーラ +262.44ドル
  • 3M +19.00ドル
  • アルトリア・グループ -219.06ドル
  • ファイザー +276.13ドル
  • プロクター&ギャンブル +349.95ドル
  • フィリップ・モリス +208.08ドル
  • ユニリーバ +50.35ドル
  • エクソンモービル -24.22ドル

株式は差し引きで+1,292.96ドルとなりました。株式の評価額は23,175.96ドルです。

また、現金の残高は913.08ドル、株式と合わせると24,089.04ドルとなり、円建てだと1ドル113円54銭として、2,735,069円(前月:2,530,609円)でした。この約1か月に入金した額は15万円ちょうどですので、投資額は累計255万円で、現時点で185,069円、6.77%の利益です。前月に引き続き、神経質な相場が続く中うまくいっています。

残高を円グラフにしてみましょう。

バフェット太郎さんの著書にあるパターン、10銘柄を均等に買付けて数か月に一回最も評価額が低い銘柄を買い増しするパターンで運用しています。10月に銘柄の入れ替えを行いましたが、11月は変更はありませんでした。今月はプロクター・アンド・ギャンブルを12株ほど追加購入しました。また、途中アップルで火遊びをしてしまい、50ドルほどの損失が出ています。また、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの暴落を受け、フィリップ・モリスの含み益は減り、アルトリア・グループは大幅なマイナスを記録しました。また、エクソン・モービルも原油安の影響を受け、一時大幅なマイナスとなりました。

何はともあれ、これでポートフォリオは一応の完成を見ました。全銘柄を約22万円、10銘柄で220万円のポートフォリオです。

なお、11月にはプロクター・アンド・ギャンブルの配当金が税引き後で7.74ルほど入ってきました。

この1か月のニューヨークダウの動きはどうでしょうか。

この1か月のダウ平均の動きは一度上値を追いかけたものの。中盤以降に失速、底を掘って最終的にはプラスマイナスゼロですがマイポートフォリオは継続的に伸びています。今月も順当な投資結果と言えそうです。

にほんブログ村 投資ブログへ

にほんブログ村