ハンガリーの首都ブダペストはドナウの真珠とも言われ、風光明媚な建築物が数多く残る街です。そんなブダペスト市内を巡った記録です。

聖イシュトヴァーン大聖堂

聖イシュトヴァーン大聖堂のイシュトヴァーンとは、キリスト教を受容した最初の王、イシュトヴァーン1世のことです。この建物は1851年に着工したものの、途中でドームが崩壊するなどで工事が遅れに遅れ1905年に完成した比較的新しい建物です。

内部は金箔で彩られ、華やかな建築物です。

入場料はありませんが、代わりに200フォリントの寄付が必要です。実質的な入場料と言えます。

セーチェーニ鎖橋

ブダペストと言えばこのセーチェーニ鎖橋が最も有名な観光名所ではないでしょうか。この写真は王宮の丘の中腹からセーチェーニ鎖橋の夜景を写したものです。この橋はブダペスト市内のドナウ川で最初に架けられた橋で西岸のブダと東岸のペストを結んでいます。建設は1839年に始まり1849年に完成しましたが、第二次世界大戦末期の1945年にブダペストを占領していたドイツ軍によって破壊され、戦後修復されました。橋のたもとに設置してあるライオン像は有名です。

ハンガリー国会議事堂

ハンガリー国会議事堂はドナウ川の東岸、ペスト側にある巨大な建築物です。この建物はゴシック・リヴァイヴァル様式で1885年に建設が始まり、1904年に完成しています。聖イシュトヴァーン大聖堂と並びブダペスト市内で最も高い建築物の一つとなっています。

何といっても、この建物はライトアップ時の光景が美しいです。この写真はバッチャーニ広場駅付近から撮影したものです。

マーチャーシュ聖堂

マーチャーシュ聖堂は王宮の丘にあるブダペストを代表する聖堂の一つです。この聖堂は音響効果に優れていると言われ、コンサートホールとしても有名です。この場所には13世紀に協会が建てられており、後の15世紀に当時の国王マーチャーシュ1世が増築を命じたことからマーチャーシュ教会と呼ばれるようになりました。

ブダペスト西駅

ブダペスト西駅はパリのエッフェル塔で知られるギュスターヴ・エッフェルの設計により1874年に建設が開始され1877年に完成した当時としては斬新な鉄とガラスを多用した建築物です。構内南側には「世界一美しいマクドナルド」と言われる華やかな内装のマクドナルドが入居していることでも知られます。

ブダペスト東駅

ブダペスト西駅と並び、主要な国際列車などが発着するブダペスト東駅。この建物は1881年に建設が開始され1884年に完成しました。ブダペスト西駅と比べると保守的な印象ですが、19世紀当時の「鉄とガラス」も多用されています。

ブダの王宮

写真の左側に写っている建物がブダの王宮です。13世紀、モンゴルの侵攻で破壊された木造の城の跡地にベーラ4世が石造りの城を建てたことが起源です。後の19世紀にハプスブルク家の手によってバロック様式の城に改修されましたが、二度の大戦で破壊され、20世紀半ばに修復され現在に至ります。写真はゲッレールトの丘から撮影したものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村